水企画

人が変わる・環境も変わる。株式会社水・企画

販売代理店専用サイト

飲用し排泄するだけで…

浄化槽は臭くて汚いもの。そんなイメージが根底からくつがえる。浄化槽の水がキラキラ透明になってきた!もちろん臭いなどしない。 専門業者も首をかしげる不可解なことが、現実に目の前にあります。

■環境浄化の話題はいつもここから 沖縄県

ピカピカ透明な浄化槽の話題の発端となったのが、この沖縄県恩納村にある民家の浄化槽。老夫婦2人が健康のために飲用している【カルシストX】が体内環 境だけでなく環境まで浄化してしまいました。この水はご主人が大切に育てているランの栽培にも大活躍しています。

■合併槽の前に、あえて単独浄化槽を設置 新潟県

この地区はまだ下水道がなく新築の際には合併槽が義務づけられています。当社もあえて合併槽の前に単独浄化槽を設置しました。
【カルシストX】飲用者が増えるにつれて、ご覧のようにキラキラ透明な水に。この水が合併槽に流れ込む格好です。そして河川、海を浄化し続けます。

■モーターが故障!!でも輝く水が! 岐阜県

  • 業者による浄化槽点検の日、「ブロアモーターが止まっている」ということから 浄化槽のフタを開けてみると、そこにはなんと、キラキラと輝く水がありました。 さらに驚くのはこの浄化槽は第1槽と第2槽を区切る仕切り板が破損。つまり、ウンチも第2槽へ…。にもかかわらず、輝く水は臭いなどまったくしないのです。

■下水道があるのに、地域の環境浄化のためにあえて単独浄化槽を設置 兵庫県編

  • こちらは兵庫県姫路市の事例。
    下水道が完備されているというのに、わざわざ単独浄化槽を設置したもの。
    その目的は、サロンから流される排水を少しでもきれいにして、環境中に流したいという思いからです。
    単独浄化槽の設置が終わり、【カルシストX】の発売に合わせ、従業員全員が飲用を開始。そして3ヶ月後に光触媒【トリニティーZ】の原液も投入しました。
    そして2か月後、浄化槽の水はご覧のようにキラキラと輝いていました。
    従業員全員が飲んでいても、その何十倍ものお客様も利用する浄化槽のはず。それなのにこの現実はなに?
    こんなことは科学では説明ができないことです。

■人は「あり得ない!」と言うが、目の前にはピカピカ透明な水が! 新潟県

  • 新潟県のサロンから「すごいことが起きたよ!」と電話をもらい見に行くと、単独浄化槽の水が自然の湧水のように青々と湧き上がっていました。
    汲み取ってく見せてくれた水は、ピカピカ透明。もちろん無臭。浄化槽点検業者からは「真水ですね」との弁。
    人知を超えた現象、これには科学のどんなモノサシを当てても、説明することはできないのです。

ちなみに通常の浄化槽では・・・

■見たくはないでしょうが…

上の写真は通常の単独浄化槽の様子です。どこから見てもキラキラ輝く透明な水とは程遠いですね。見た目だけではありません。 浄化槽に近づくだけで、あの特有の臭いが漂ってきます。そしてフタを開けようものなら…。 これらと比べることで、高次元のエネルギーのすごさが実感できますね!