水企画

人が変わる・環境も変わる。株式会社水・企画

会員登録はコチラから

販売代理店専用サイト

子宮癌検診でひっかかり・・・

子宮癌検診でひっかかり・・・

昨年2月に職員検診で子宮癌にひっかかり、 (軽~中等度異形成) 定期的に検査はうけてました。 特に変化なく(良くも悪くもなく)1年が過ぎて、 再度職員検診でチェックしたところ、 ”高度異形成”と悪化しておりました。 3月初月にコルポ診を受けて 組織の検査をしてもらったところ、 やはり高度異形成であり、 初期の子宮頸癌0期の可能性あるため opeが必要ということでした。 何かできることはないかと思い、 美容室のスタッフさんたちから オーブを勧められて飲み始めました。 (組織の検査(生検)の1週間程前より飲み始めました) 自覚症状は始めはありませんでしたが、 不正出血が少量ずつ出てきて、 そのまま生検して出血が増えて、 やはり癌なんだという絶望感と不安で しんどい日々が続きました。 オーブは飲み忘れる時もありましたが、 忘れた時は1つ増やして飲んで続けてました。 生検後1週間して出血が治まってきた頃に 膜のような物体が出てきました。 (生検の時に観た病変だったらいいのになー) という甘い期待をもち渡しました。 その後ピタリと不正出血は治まり (逆に月経も遅れてしまいましたが・・・) 出血なくなると不安も減り、気持ちの整理をつけて 3/2〇 がんセンターへ受診しました。 すると、コルポ診して画像を拝見したところ 前回(3週間程前)よりも病変部が縮小していました!! 再度細胞診の検査と、以前とった組織を 取り寄せて診断していく方向です。 もしかしたらopeは免れるかもしれません。 あの時出てきた膜は・・・もしかしたら・・・ もしかするかもしれません。 オーブの力が身体に変化を 与えてくれたのかもしれません。 なのでもう少し続けて飲んで、 今自分ができることへ取り組んでいきます。 これを読んで近い立場の方を力付けられたら幸いです。 ありがとうございました。 (※個人の感想であり効果効能ではありません)