水企画

人が変わる・環境も変わる。株式会社水・企画

会員登録はコチラから

販売代理店専用サイト

C型肝炎のウイルスが!

C型肝炎のウイルスが!

M様 70代男性、60代女性

先日、旭川で、ビーワン講習会にご参加いただいた水野さんご夫婦が、スゴイ体験談を話してくれました。

ご主人のTさん(70代)は、20代のころ、材木を運搬する仕事中、大怪我をして入院した際に、輸血を受け、その輸血が原因で、C型肝炎になってしまったそうです。

その後、平成21年には、肝硬変と診断され、インターフェロンによる治療を受けることになりました。

1ヶ月間の入院とその後、48週間通院し、毎週、インターフェロンの注射をされたそうです。

治療の前に、お医者さんから、「かなりひどい副作用があるから、覚悟しておいてください。うつになるかもしれません。」と言われたそうです。

奥さんのSさん(60代)が、旭川の美容室はやしさんで、『カルシストX』のことを聞いて、治療中のご主人に飲ませました。

結局、48週間の治療中、副作用は全くなく、とても楽に治療を終えることができて、肝硬変は、完治し、C型肝炎のウイルスも、完全に、無くなったそうです。

他にも、爪の水虫がひどくて、爪がほとんど無くなってしまって、痛くて手が思うように使えず、とても不自由されていたそうですが、『トリニティZ』の原液をつけていたらすっかり良くなったそうです。

「爪がないと、何にもできないよ」

と、そのころの苦労を話してくれました。

奥さんのSさんは、股関節が痛くて歩けなくなり、人工骨を入れる手術をされたそうです。

入院中、6人部屋だったそうですが、同室の5人全員が、股関節に人工骨を入れる同じ手術を受けた方々だったそうです。

手術後の入院中、他の方は全員、かなり痛みがひどかったそうですが、『カルシストX』を飲んでいたSさん一人だけ、ぜんぜん痛みもなく、とても順調に回復したそうです。

その後すっかり元気になって、最近では、トリニティを使った野菜作りにはまっていて、大根、きゅうり、なす、トマト、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいもなど、とても大きく、甘くて、おいしくできるそうです。

中でもブロッコリーは、通常、害虫にやられやすい作物ですが、トリニティを3回ぐらいふると、虫がつかないそうです。

お二人とも、ビーワン商品で健康を取り戻し、とてもお元気そうでした。